弁護士に依頼する

次にしなければならないことは、加入している保険会社へ連絡することです。加害者側との示談交渉は、ムチ打ち症などの後遺症が発覚すれば、様子の落ち着いた状態になってからの方が良いです。

交通事故の事実を先に保険会社に伝えておくようにしたいものです。そうすれば、示談交渉を行う際に足りない資料が出てくるなど、後手に回ることを回避することが出来ます。

次に目撃者の確保をしなければならないです。そして、目立つ外傷がないというケースでもむち打ち症や、脳内出血、骨折の可能性がありますので病院へ行きましょう。もし後遺症であると診断された場合は病院で診断書をもらってください。痛みが交通事故が原因で生じたものであれば、物損事故から人身事故になります。

実際に、交通事故が起こったときいろいろしなければならないことがあります。保険会社との交渉を行うのはやっぱり一人では大変なのです。やっぱり弁護士に依頼した方が良いと思う瞬間があります。素人の方々は、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判所基準)という三つの規準が存在していることも知らないままです。そのままたやすく保険会社と示談をしてしまっているのではないでしょうか。

弁護士に依頼する事によって、損害賠償の額が俄然アップを期待することが出来ます。どの程度かといえば、2倍近くのアップも期待出来てしまうのです。弁護士が介入することで保険金が増額はしたケースは非常に多くあります。同時にそのことも考えてみましょう。