しなければならない

次にしなければならないのは、事故現場の記録を取ることです。警察を呼んで警察が来れば、警察の方々が全部やってくれるものと思わない方が良いです。自分でも、記憶をしっかりし、記録を残すことが大事です。

警察が来て、現場検証がありますが、タイヤ跡はそのとき既に消えてしまう可能性もあります。現場証拠は損害賠償請求でも大事な問題を抱えています。事故車の状況や衝突部位、更に負傷部位や破損部位、周囲の状況などを、出来れば撮影しておくと良いです。

信号や一時停止の有無、優先道路はどっちか、警察の所属先警察署・担当の氏名などいろいろ記録に残すことがあります。更に加害者の情報・車両のナンバーを確認するようにしましょう。交通事故を起こした加害者の、『住所』や『氏名』、『年齢』、『連絡先』、更に『車のナンバー』『強制保険』『加入している任意保険会社名』全部です。

写真を撮る、積極的にメモを取る、そのようなことを決して怠らないようにしてください。そして、加害者側とのやりとり、警察が来るまでの状況、 警察に話した内容など、録音機能をお持ちの方々はしっかり残しておきたいものです。次にしなければならないことは、加入している保険会社へ連絡することです。