警察に電話する

交通事故に会ってしまえば、まず警察に電話することが先決です。しかし、あなたが加害者でないのなら、基本は、加害者がやるべきことです。ただし、そのとき、一体どっちが加害者か、被害者か判らないというケースもあるようです。それを考えてタイミングが遅れないように注意をしなければなりません。大事なのは自身が警察を呼ぶという自覚です。

相手だって、交通事故の初心者かもしれません。相手も交通事故のノウハウが分かっているケースの方が少なく、最悪、相手の加害者が警察を呼ぶのを嫌うケースもあります。アルコールが入っていたり、免許取り消しになってしまうことを恐れて行動が鈍る場合もあるかもしれませんが、警察を呼ぶということは、義務と考えてテキパキと行動をするようにしてください。

警察への報告義務を怠ると刑事罰がかせられるリスクがあります。人身事故の場合には事故の現場を検証して、状況について詳細な資料を作成することになります。これは事故態様を明らかにする資料としての証拠価値が高く、過失割合などを決定するのに活用されます。

そして、警察に連絡することを怠れば、事故証明という書類を発行してもらうことが出来なくなってしまうかもしれません。